基礎I [プラチナの基礎知識]

section1プラチナはなぜ純粋なの?

プラチナ・ジュエリーは純度が高いからです

日本のプラチナ・ジュエリーの多くはPt900、
純度が90%です。
最低でも85%以上でなければ
プラチナ・ジュエリーとは認められません。
ちなみにK18ゴールドの純度は75%。
比較しても、プラチナ・ジュエリーが
高純度であることがわかります。

プラチナ/ゴールドの純度比較

プラチナは生まれながらの白だからです

プラチナの色は、まじりけのない天然の白。
生まれもった色なので、
時を経ても変わることがなく、
いつまでも美しい白さを保ちます。

純粋な白色と人工的な白色の比較

この特長をお客様にどう説明しますか?

「特長」+「お客様のメリット」で考えましょう

example:1
プラチナは純粋です。
だから
純粋な思いを伝えるのに
ふさわしいジュエリーです。
example:2
プラチナの色は生まれながらの純白です。
だから
純粋な愛を誓う
ブライダル・ジュエリーには最適です。

section2プラチナはどれくらい希少なの?

プラチナは、採れる場所も量も限られています

プラチナは、この広い地球上でも、
南アフリカ共和国などの限られた地域でしか
産出されません。
採れる量も少なく、これまでに人類が手にした
プラチナをすべて合わせても、
たったの6,000トンほど。
ゴールドの1/30の量でしかないのです。

有史以来の採掘量

これまでに人類が手にした
プラチナとゴールドをすべて合わせると
ゴールドがオリンピック競技用プール
約3杯分以上になるのに比べ、
プラチナはようやく足首がつかる程度。

原鉱石に含まれるプラチナの量は、ごくわずかです

プラチナは、1トンの原鉱石からたった3g。
細いリング1本分しか採れません。
原鉱石から地金になるまでの時間は、
ゴールドで約1週間、
プラチナはその8倍、約8週間かかります。
わずかな量のプラチナを取り出すために、
膨大な手間と時間がかかるのです。

1トンの原鉱石から採れるプラチナの量

この特長をお客様にどう説明しますか?

「特長」+「お客様のメリット」で考えましょう

example:1
プラチナは希少です。
だから
その特別なジュエリーを
身につけることが自信につながります。
example:2
プラチナは地球上でも
わずかな量しか採れません。

だから
それを手にする歓びが大きいのです。

section3プラチナはなぜ永遠なの?

色と輝きがいつまでも変わらないからです

プラチナは日常生活の中で
変質・変色の心配がありません。
温泉の硫黄分や漂白剤、プールの塩素、
汗などを気にすることなく、
いつでも安心して身につけられます。

大切な宝石をずっと安全に留めてくれます

プラチナは、紙よりも薄く、
糸よりも細く延ばすことができます。
その粘り強い性質が
繊細なデザイン表現を可能にしました。
そしてごく小さな爪でも、
宝石を確実に留めることができるのです。

この特長をお客様にどう説明しますか?

「特長」+「お客様のメリット」で考えましょう

example:1
プラチナは永遠です。
だから
大切な思い出をずっと
永遠に残すことができます。
example:2
プラチナは永遠に変わることがありません。
だから
いつでも安心して身につけていただけます。

section4プラチナとホワイトゴールドはどこが違うの?

プラチナは生まれながらの白です

プラチナの色は生まれながらの白。
天然の色だから、
いつまでも白い輝きを保ち続けます。
一方ホワイトゴールドは、もともと金色のゴールドに
他の貴金属を混ぜて白い色を作り出したもの。
より白く輝かせるために、
その多くにメッキが施されています。

生まれながらの白色と後から作り出した白色の違い

見た目は同じでも、重さや純度が違います

同じ大きさ、デザインの
ジュエリーを手に取ってみると、
プラチナは比重が大きいため、
ずっしりとした重量感があります。
また一般的なプラチナ・ジュエリーの
純度が90%なのに比べ、
K18ゴールドは75%。
純度にも歴然とした差があります。

プラチナ/ホワイトゴールドの純度比較

この特長をお客様にどう説明しますか?

「特長」+「お客様のメリット」で考えましょう

example:1
プラチナの色はまじりけのない天然の白です。
だから
ありのままの自分を映し出してくれます。
example:2
プラチナはほかの貴金属と比べて
重量感があります。

だから
その重みこそが、
本物を身につける満足につながります。

NEXTプラチナQ&A